車ローン滞納_アプラス

車のローンを毎月延滞してしまうと大変な事態に?!体験談と解決策




車のローンを毎月延滞してしまっている場合、どんな事態になってしまうのでしょうか。

毎月の延滞を解消したくてもなかなかできずに困っていますよね。

そこで毎月の延滞を解消するために体験談と解決策をお送りします。

車のローンは毎月給料日後に引き落とし!毎月延滞体験談1

質問

現在、毎月10日に引き落としがされます。

僕の給料日は15日で、10日は口座にお金が入っていません。

毎月再引き落としの日に引き落とししてもらっているのですが、これだと次のローンを組む時に支障はあるのでしょうか。

今からでも引き落とし日に引き落とせるようにするべきですか?

回答

あくまでも約定日は10日ですね。

再振替の返済ではそれまで延滞していることに変わりはないのです。

2カ月以上の延滞が生じた場合に、個人信用情報には異動情報(事故情報)が登録されます。

契約完了及び完済後5年を超えない期間が保有期間ですから、この間はクレジットカードやローン等の審査に落ちやすくなってしまいます。

異動情報の登録はないものの、毎月短期延滞をしている状態なので、決して返済良好とは言えませんね。

今後のクレジットカード与信審査、ローン等の審査には不利な情報となるでしょう。

ローン契約は、約定日に遅延なく返済することを約束し、法に則って契約を結ぶことです。
契約をした以上、貴方の都合に合わせて返済はできません。
あくまでも契約で約束した約定日に支払わなくてはなりません。

口座のお金を残し、今月からでもサイクルを修正する様にしていくとよいです。

車のローン毎月遅延で信用情報は?の体験談2

質問

車のローンを毎月遅延してしまい、よく月の頭に振り込んでいます。

残りが半年もありません。今月からはきちんと振り込むようにしているのです。
このように毎月返済の遅延が続くと信用情報などにはどのような情報が載ってしまうのでしょうか。

回答

今現在の返済方法が銀行口座からの引き落としですよね。

それとも引き落としではなく”振り込み票”を使っての支払いをしていますか?

振り込み票なのに3回以上支払い遅延がつづくと、通常の銀行引き落としから、コンビニ等での振り込み票による返済方法となりますね。

ローン会社内データ上では「支払い遅延常習者」と記録されてしまいます。

今現在ず~っと遅れたまま支払っていれば、信用情報にも「遅延暦多々あり」として記録されてしまっていますよ。

銀行系であれば、次のローンは不可能となります。

契約というものは「約束事」ですので金額にかかわらず、返済日をきちんと守ることが必要です。

最低限度の約束事が守れない方は、業界では「きちんと約束を守ってくれない、信用できない方」と判断されてしまいますよ。

履歴情報は「完済後最低5年は残ります」から、銀行に限らず信販系でもローンは通りにくくなります。

車のローンが払っていたと思いきや遅延だった?の体験談3

質問

車をローンで購入し、1年近く経ちましたが当然毎月引き落とされているのだろうと思ってたローンは、調べてみたら一度も引き落としされていなかったのです。

余計に利息を取られるのも嫌だし、前もって下調べをしてから正しい対応が取れるようにしたいと思います。

気づかずに放置していたことが問題となりますか?

回答

毎月○○円の引き落とし約定をしたにも関わらずに、何故引き落としがなされなかったのか不思議ですね。
残高不足でも翌月分を入れれば月遅れでも引き落としされますよ。

何にせよ、問題はすでに遅延になっていますので、延滞利息は約定通りに請求されます。
早目に連絡をしましょう。

そして振込みなり、相手方の要求通りの支払をしなければいけませんね。

 

車のローンを毎月延滞してしまうのは避けたいですね。